【旬な食べ物編】Cauliflower(カリフラワー)

こんにちは!Roxyです!

その土地で取れた、一番おいしい食材を旬な時期に食べる!こんな情報をお届けしたいと思います。

 

こちらはだいぶ秋らしくなってきました!ということで、今日はこちらをご紹介!

 

Cauliflower(カリフラワー)

 

名前の由来はキャベツ類の花を意味する、kale flower もしくは cole flower から。

 

カリフラワーに含まれるビタミンCの量はブロッコリーに比べ若干少ないですが、加熱によって成分が失われにくいため、調理後のビタミンCの含有量は同程度となります。

茹でるだけでなく、焼く、蒸す、揚げる、煮るといった調理も可能で、サラダの素材として生のまま食することもできます。

酢漬けにも向いています。

グラタンなどの素材としても人気が高く、低炭水化物ダイエットを行っている人は、ジャガイモの代用として使用する場合もある万能野菜?のようなものですね。

 

余談ですが、

ルイ15世の愛人として知られるデュ・バリー伯爵夫人は、

いくつものカールを積み重ねたかつらを頭につけており、それがカリフラワーの花蕾(からい)を連想させるものであったことから、

カリフラワーを使った料理の多くにデュ・バリーの名がつけられることとなったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*