【旬な食べ物編】マーケット

【マーケット編】

その土地で取れた、一番おいしい食材を旬な時期に食べる!こんな情報をお届けしたいと思います。野菜に果物、海の幸ときまして、ネタ切れ? いやいや、ではそれをどこでGetするか? ということで、今日と来週はブリスベンのマーケットについてです。

  • West End Markets
 ウエスト・エンドにあるバウンダリー・ストリート周辺は、路面店が立ち並び、そのいで立ちはメルボルンのサウス・ヤラ(South Yarra)・エリアやチャペル・ストリート周辺にも似た空気が流れる。興味を惹かれる内装やオーガニックと書かれた看板、古びた雰囲気の店の数々には思わずのぞきこんで立ち止まってしまうだろう。日曜日にマーケットに訪れた際に、散歩がてら新しいお店の開拓をするのも、新鮮な魚介類やアジアの野菜が手に入るのもおすすめポイント!

オーストラリアのビーガンコミュニティをサポートするために作られたブリスベン初のビーガンマーケットが月二回こちらで開催されています。毎月第2、第4日曜日。

ちなみに、一般的なベジタリアンが肉や魚を食べないのに加え、ビーガン(ヴィーガン)は卵・乳製品・はちみつも口にしません。

地元の人気店による数多くの屋台ではヘルシーな多国籍料理を始め、地球にやさしい衣類や雑貨、化粧品など様々のビーガン製品を販売しています!

マーケットで販売される食べ物や製品はすべてビーガンのため、地球の生き物にやさしい方法でつくられているので、安心して購入できます。また、ライブ・ミュージックが流れる、心地良いゆったりとした雰囲気の中で食事ができるスペースにはテーブルと長いすが用意されているため、ピクニックの用意をして出掛ける必要がないのもうれしい。第4日曜日は「Twilight営業」となり午後12~8時まで営業、入場が無料なのも魅力的だ。

 サウス・ブリスベン駅からグレイ・ストリートを南西方向ラッセル・ウォーク(ビルの下の道)へ向かって右折し、観覧車を仰ぐ道を通り抜けてそのままラッセル・ストリートをバウンダリー・ストリートに突き当たるまで歩くこと約10分、左手の角がマーケットの入り口になる。入り口に置かれた大きなトカゲのオブジェは待ち合わせにも最適な目印だ。

 
  • JAN POWERS FARMAR’S MARKET
マーケットは大体週末に開かれる事が多いですが、ここは水曜日です。

ブリスベンのカジノの前が会場なのでアクセスがいい!平日開催とあって、ランチタイムには周辺オフィスに勤めるビジネスパーソンや学生などで賑わっています。

しかし、早朝は比較的空いているため、ゆっくりと品物を見ることができます。

毎週水曜日は、少し早起きをしてマーケットを楽しんでみてはいかがでしょうか。朝早くは試食の種類と量が充実しています!

新鮮な野菜や果物、パン、スイーツ、パスタなどが並び、フードの屋台ドイツソーセージやパエリヤなどなど、歩いているだけでお腹がすいてきちゃいます!

質がいいためか高めだなという気はしますが、雰囲気はいいです。それでも、好きな野菜3種選べてHow muchって感じで、量も多くスーパーよりは安く買える場合も多いです。

夕方5時から閉店までの1時間は、大抵のお店がタイムセール割引を実施します!

お店によって値段は様々ですが、日によって値引きされる商品と値引き率が変わります。

品物によっては、無料になるものもあるらしい。お得にお買い物をしたい場合は、夕方5時からのタイムセールは是非チェックしてみてください!

場所は brisbane square, Brisbaneで、はじめに案内した通り、こちらは毎週水曜 7AM~6PMまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*