【結婚式編】オーストラリアの花嫁

みなさん、こんにちは!Ayumiです!

本日のBlogではオーストラリアの花嫁事情について少しお話ししますね!

 

まず、花嫁に必要なものといえば??  そう!ウエディングドレス。

日本ではレンタルするのが一般的ですね!

それも、ウエディングプランナーさんがこれどうですか〜?とオススメしてくれたもの!

 

でも、オーストラリアではドレスを購入するのが一般的です。

というか、自分でドレスを準備するのが一般的!

 

前回のBlogでもお話ししましたが、オーストラリアの結婚式の準備のほとんどは新郎新婦自身でやるようになっています。

こちらでは、Ballなどでフォーマルなドレスを着たりするので、日本に比べてたくさんドレスのお店があります。

それこそ中古のウエディングドレス屋さんや、アウトレット商品などを売っているお店もあります。

そういうところには1回や2回着ただけですごく綺麗で可愛デザインのドレスが多くあり、そこでゲットする新婦も多いとか!

後は手作りのドレスをオーダーしたりと自分の着るドレスを探すやり方は様々です!

 

実際に花嫁さんが着るドレスに白いウエディングドレスが圧倒的に多いって知ってましたか?

日本では一般的なお色直しがオーストラリアの結婚式ではないので、一着のドレスを式だけでなく、披露宴でも着るんです。

そのため結婚式といえば!というような真っ白なウエディングドレスを選ぶようです!

もしかしたら、せっかく購入したドレスをずっと来てたいという気持ちがあるのかもしれませんね!

 

そしてもう一つ必要なものといえば、、、ブーケですよね!

これも前回お話した通り、ブーケなどのお花も自分で手配する必要があります。

ドレス似合う素敵なブーケを作ってもらうってすごく素敵!!

 

そしてこのブーケはブーケトスというもう一つ素敵な役割があります!

ブーケトスは大抵新婦の親しい友人の中で受け取る人がすでに決まっている場合が多いです。

新婦の独身の友人だけが集まってトスをしますが、新婦はその人が取れるようトスをやったりするとか、、!

ただ、最近ではブーケトスは古臭いという理由でやらない結婚式も増えているそうなんです!

ブーケのトレンドも年々巨大化しているため、新婦のもつブーケの他に、トス専用の小さいブーケを別で手配する人もいるそうです!

 

これは、実はちょっとびっくりな情報なのですが、オーストラリアでは一般的には結婚式にかかる費用は新婦側が出します。

そして花嫁の出身地で結婚式や披露宴を開くというのが 一般的です。

オーストラリアには日本人も含め海外から移り住む方々も増えています。

そのため、国際カップルの場合、特にその風習に従う必要はありません。

 

オーストラリアの花嫁さんはやることいっぱいで大変!

でも、自分のお気に入りのドレスを見つけることができたらきっと素敵な式になること間違いなしですね!

次回は花婿編と挙式に欠かせないブライドメイドのご紹介です!お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*